Share |

リーン+グリーン

風味豊かなお茶と楽しい会話は何世紀も前から人々を1つにしてきました。しかし、緑茶ほどの健康効果は紅茶やウーロン茶などにはありません。緑茶は、そのまろやかな味わいと甘みのある風味が爽やかで落ち着いた品質を提供し、他のお茶と比べると1番カフェイン含有量が少なく、濃縮された有益な栄養素を最も多く有し、更に健康に関する研究結果が最も多く発表されているのです。

広く知られている緑茶の脂肪燃焼効果と素晴らしいガルシニア・カンボジアの脂肪撃退力、そしてギムネマ・シルベスタの甘い物への欲求をストップさせて食欲をコントロールする効果の全てが合わさり、JavitaのLean+Greenとなって、長い間苦労してきたダイエットを即ノックアウトします。

体重増加とは脂肪を溜めこむこと

体内の脂肪には2つの種類があります:トリグリセリドと脂肪酸です。人体の脂または脂肪組織、もしくはお腹の余分なお肉 ― どう呼ぶかは人それぞれですが ― それがトリグリセリドとして蓄積された脂肪です。脂肪酸は燃料として消費されます。脂肪細胞の中で、脂肪酸は絶えず脂肪膜を行き来し「循環」しています。脂肪酸はこのプロセスで燃料として使われます(使われない場合は再利用または蓄積されます)。

ガルシニア・カンボジア

ガルシニア・カンボジアは、インドや一部のアジア諸国、南米ペルーから中米メキシコまでの太平洋岸の高湿で樹木の生い茂った自然環境で生えています。ブリンドルベリーとも呼ばれ、食欲抑制効果があり食べたい欲求を抑えることで体重を減らすことができると言われています。ガルシニア・カンボジアは食欲抑制だけでなく、体内で炭水化物から脂肪に変わるのを防いでくれます。カロリー燃焼と食欲抑制の要素が、摂り過ぎた炭水化物から蓄積される脂肪に変わるのを妨げます。これにより、体脂肪が増える代わりに、活力が溢れてくるでしょう。

甘い物に対する欲求の抑制

グラニュー糖や異性化糖などの純度の高い砂糖は、理想的な健康とは無縁です。あなたの活力や免疫力、代謝、ホルモンバランス、そして炎症マーカーなど全てにおいて悪影響を及ぼします。これらの砂糖が簡単に手に入る先進国では、肥満や糖尿病患者が増加しました。糖分摂取量の増加が原因で、老化や体重増加、疲れ、骨粗鬆、睡眠の質の低下、精神疲労、気分の落ち込みなどの症状も現れます。

ギムネマ・シルベスタ

インドとアフリカ原産の木に由来するギムネマ・シルベスタには、インドのアーユルヴェーダ医学において長い歴史があります。今日では、糖尿病のI型とII型の患者の血糖値をコントロールするのに有効であると、米国医学図書館や国立衛生研究所から支持を得ています。ギムネマ・シルベスタは、健康的な血糖値や膵臓の機能の正常化を支えるために活用することで知られています。ギムネマ・シルベスタは、舌の上にほんの少し乗せただけでも甘味を感じにくくさせる力があることから、「甘味の殺し屋」とも言われています。インスリンの有益な生成を促進し、体の自然な代謝をサポートします。また、ギムネマ・シルベスタは食欲や甘い物への欲求も健康的に管理する働きをします。